いのちの学校 いぬねこ係 里親探し&犬猫の殺処分問題と本気で向き合うサイト


いのちの学校 いぬねこ係 HOME > メッセージ > 犬猫を扱うお仕事へ就こうとお考えの方へ

あの人からのメッセージ

将来、犬猫を扱うお仕事へ就こうとお考えの人へ

将来は犬猫を扱う仕事がしたい!そう思ってらっしゃるあなたはきっと犬や猫が大好きなのでしょう。

そんなあなただから、知っておいて欲しい事があります。


主にペットショップやブリーダーと呼ばれる職業について、それらが置かれる現状を紹介して行きます。



悪質なペットショップとブリーダーの存在

今現在、日本国内には多くのペットショップやブリーダーの方が存在します。

私がお会いし実際にお話を伺ってきた方たちを含め、その多くが心から犬猫を愛し多くの人の喜ぶ顔が見たいという素敵な方たちです。


しかし、残念ながら中には「犬や猫の命」をお金儲けの商品としか見ていない人たちが存在し、その犬猫に対する扱いの酷さもよく耳にします。

悪質なペットショップでは、特に売れ残り大きくなって商品価値の無くなった犬や猫たちの扱いが問題視されており、そのまま置いておくと飼育代がかかり、スペースもないという理由で自ら保健所に持ち込んだり、森林等に捨ててしまう(その多くは保健所に収容され殺処分される)無責任な経営者がいるようです。

また、劣悪な環境下でまともな食事も与えず、ただ何度も繰り返し仔を産ませ、使えなくなったら処分してしまうという悪質なブリーダーも存在するのです。

ペットショップを選ぶポイント  購入者に事前に説明すべきこと

それも一因となって…

現在、そういった悪質業者の存在等も一因となり、あちらこちらで生体販売の是非に対する議論が頻繁に行われています。

離乳前の小さな犬猫を親から引き離し展示販売するのは禁止されており、虐待にあたるとの意見も多く聞かれます。また、小さくて可愛いうちは衝動買いに繋がるケースが多く、その安易な購入が早期の飼育放棄へと繋がり多くの命が処分されていく一因でもある事は事実です。


しかし、ペットショップやブリーダーの存在ばかりが原因で両者共に無くせば解決かというとそう訳ではありません。

確かに、そうなれば犬猫の流通する量の著しい減少が予想される事から、殺処分数が減少する事は間違いないでしょう。しかし、それだけでは犬猫が信頼し共に生きていく私たちの意識の改善が伴っていないため、本当の意味での解決や改善とは呼べるものでは無いのです。

やはり、まずは犬猫が信頼し共に生きていく私たちの犬猫の命に対する意識の改善・向上が求められるのです




今後のペットビジネスを取り巻く環境…

動物愛護先進国と呼ばれるイギリスやドイツのようなヨーロッパ諸国のペットショップは日本ものとは根本的に異なります。犬は店頭に並んでいないそうで、飼う際には厳しいカウンセリングが求められる等、生体販売に対する厳しい規制が設けられています。

2010年現在、アメリカでも犬猫の店頭販売を法で禁止する動きが急速に広がっており、今後ペットショップがなくなっていく方向にあると言って良いでしょう。


日本でも平成18年6月1日に動物愛護管理法が改正され、動物取扱業が「届出制」から「登録制」になる等、ペット販売やブリーダー等に規制の強化が図られました。

世界的に見るとまだまだ未熟な点が多く残るものとの指摘も多いですが、確実な前進ではあります。

今後、私たち(日本)も欧米のように、繁殖者、販売者、飼い主にもより多くの責任や義務を定めていかなくてはなりません。

今すぐにとはいきませんが、今後、日本も必ず「命を扱うビジネス」に対し多くの規制がかけられ、その責任も強く問われて行きます。

将来、犬猫の命を扱うお仕事に就こうとお考えの方は、ぜひその事を念頭に置いた上で従事して頂きたいと思います。そして、犬や猫を始めとする生き物たちと人間が仲良く共生できる社会を実現していくための力となって頂く事を強く望みます。




このページのトップへ