いのちの学校 いぬねこ係 里親探し&犬猫の殺処分問題と本気で向き合うサイト


いのちの学校 いぬねこ係 HOME > メッセージ > これから飼う方へ > ペットを飼えなくなるケース

あの人からのメッセージ

ペットを飼えなくなるケース

毎日、沢山のペットが「飼えなくなった」という理由で手放され殺処分されていっています。

皆、始めは責任を持って最後まで飼おうと思っていたはずです。ここでは、ペットを手放す理由となった代表的なものを紹介します。

あなたは本当に大丈夫でしょうか?

前のページに戻る


※以下、参考資料:環境省自然環境局総務課動物愛護管理室発行 飼う前に考えて!より抜粋


引っ越しで飼えなくなった

転勤が決まり、転居しなくてはならなくなった。経済的な事情からペット可の物件にするのは無理。


ペット禁止の集合住宅で飼っているのが見つかった

ペット禁止のマンションでこっそり犬を飼っていたが、ばれてしまい、管理組合から退去するか処分するかの通告がきてしまった。


子どもにアレルギー症状がでた

ネコをかっているが、家族に赤ちゃんが生まれたら皮膚に炎症がでるので検査したところ、ネコの毛に対するアレルギー反応であることが判明した。


近隣から苦情がきた

犬が吠えてうるさいと隣の人から言われてしまった。忙しくてしつけをする時間がなく、世間体もあるのでこれ以上飼い続けられない。


子どもが生まれるので世話をする時間がない

夫婦と子ども1人で犬を飼っていたが、今度第2子が生まれる事になり、出産後は犬の世話まで手が回らない。


高齢になったペットの介護が重い負担に

高齢の犬の介護を何年も続けてきたが、飼い主も高齢で病気があり、経済的にも体力的にも続けるのが難しい。


病気で世話ができなくなった

高齢の親が犬を飼っていたが、病気で世話をすることができなくなった。

同居の息子は仕事が忙しく、犬嫌いなので面倒をみてくれない。


飼い主が亡くなった

1人暮らしの母親がネコを飼っていたが、亡くなってしまった。子どもたちはみなペット不可の住居なので飼うことができない。



このページのトップへ